美味しそうなお茶

摂取方法を守る

お茶にはいろんな種類がありまして、それぞれにいろんな効果が期待できるのです。
たとえば麦茶カフェインが含まれていないので子供に飲ませても安心できるお茶として知られておりますし、ウーロン茶には虫歯予防の効果があるといわれておりますし、紅茶には特に良い香りが引き立つものにはリラックス効果やイライラを解消させる効果があるといわれております。
緑茶にも風邪予防の効果があったり、黒豆茶にはアンチエイジング効果があったりと、お茶によってそれぞれ効果は違えど、飲むことによって体に良い効果を引き出すことができるのです。
紅茶にもいろんな種類があり、カモミールティーには眠りにつきやすくなる効果があったり、ペパーミントティーには下痢や腹痛を抑える効果があります。

そんな健康や美容に良いとされるお茶ではありますが、あまりにたくさん飲みすぎてしまうことは良くありません。
なんでも飲食するものすべてにいえることではありますが、摂取のしすぎはかえって体に悪影響を及ぼす可能性が高まります。
特にお茶の場合は、ほとんどのものにカフェインが含まれているものが多く、カフェインには脳を刺激して目を覚ます効果があるため、飲みすぎてしまうことによって不眠になってしまうこともあります。
適度に摂取すること、お茶の場合は1日にコップ2杯から3杯くらいが適量といわれております。
なんでも適量を摂取すること、そして1日や2日で終わらせるのではなく、毎日継続して適量を摂取していくことで美容や健康に効果を引き出せるのです。